仏事マナー

お仏壇とは?

仏壇のルーツ
 仏壇の原型は法隆寺の玉虫厨子といわれています。また天武天皇14年(685)年3月27日に「詔したまわく、諸国に、家毎に、仏舎を造りて、すなわち仏像及び経を置きて、礼拝供養せよ(日本書紀)」との詔がだされて、この日をもって家ごとに仏壇を安置する起源としています。ゆえに全日本宗教用具協同組合では、3月27日を「仏壇の日」と定めています。その後、仏壇が現在見ることのできるような形になり普及し始めたのは江戸時代初期のようです。仏壇が今見るような形に至るまでのルーツには諸説あるようです。

仏壇のルーツ

【小型寺院説】
 仏壇業界では「仏壇は寺院をミニチュア化したものです。」と例える場合があるのですが、真宗が主に使用する金仏壇やその仏具荘厳(仏具飾り)はまさに寺院の様式を反映したものです。真宗が比較的多い弊社がある尾張名古屋地区などでは、他宗派の仏具荘厳や仏事にも少なからず影響を与えているようです。

【位牌棚説】
 室町時代に足利義政により建てられた銀閣寺に東求堂という建物があります。その東求堂にある持仏堂には「位牌床」という位牌を並べる床の間のようなものがあり、その形は江戸時代の民家に設置された位牌棚としての仏壇に似ており、更に襖が組子障子であれば関東地方で多く祀られてきた位牌棚仏壇そのものといえるようです。

お仏壇開き(開眼供養・お精入れ・魂入れ)
 お仏壇をお家に納めたら、まずお寺様を呼び、魂入れ(お精入れ)つまり開眼供養を行います。この開眼供養という法要は我々の家の新築と同じでお祝い事となり、ローソクは朱のものが使われ、”海の物・山の物・里の物”や紅白餅をお供えしたりもします。そしてお寺様へのお礼は紅白の祝儀袋で差し上げます。
※地方や地域、宗旨・宗派により、やり方は異なります。
※特に浄土真宗の場合は入仏式、御移徙(おわたまし)となります
このページの上部へ

お仏壇を置く方向

仏壇の置き場所
 最近では仏間がない場合のお客様もかなりいらっしゃいます。床の間、畳の上等常識的な範囲内ならば置き場所は気にしなくて結構だと思います。
仏壇を向ける方向の諸説
 仏壇を向ける方向には諸説あるようです。近年では、住宅事情等がさまざまなこともあってか、方向はさほど気にしないようです。あえていえば仏壇正面が北向き以外ならば、結構でしょう。

【西方浄土説】
 西の方角に極楽浄土があるとする仏教の教えにもとずいて、仏壇を東向きに置き西の方角を向いてお参りする。

【本山中心説】
 各宗派本山を拝むという意味から、お仏壇をお参りするときの方向を本山を拝む方向に向くように配置する。

【南面北座説】
家の中の一番よい場所である南向きの方向に置き北に向かってお参りする。

このページの上部へ

仏事コーディネーターとは

仏事コーディネーター

 「仏事コーディネーター」とは、仏教と仏壇仏具、また、それらを取り巻く「仏事」に関する豊富な知識を持った資格者のことです。
 核家族化が進み、地域とのかかわりが薄らいできた現代においては、亡くなった方のご供養や、様々な仏事については「よくわからない」と感じることばかりで、各ご家庭で日々お祀りするお仏壇、仏具の選択基準や、お盆・お彼岸のむかえ方についても、正しい知識を有していない方が増えてきています。
 仏事コーディネーター資格審査協会が認定する本資格制度は、それらの豊富な知識をもった実務経験者を講習と試験により審査し、証明するもので、平成16年からスタートした制度です。仏壇仏具の販売店は全国各地に多数ありますが、その中に「仏事コーディネーター」の資格を持つ者はわずか1000名ほどしかいません。(平成18年現在)

【例えばこんな時、ご相談下さい】
・どういう仏壇を選べばいいのか全然わからない・・・
・ご本尊や仏具のこと意味がよくわからない・・・
・葬儀後の法要、お寺とのお付き合いどうすればいいのだろう・・・

仏事コーディネーター認定者
 お客様の要望を的確に把握した上で宗派や地域の慣習に十分配慮しつつ、仏壇・仏具等の内容について企画提案や調整・指導・助言を行い、仏事のプロとしてお客様に適切なアドバイスが出来る能力を有する者です。 
なお、取得5年ごとに行われる更新研修を終了した者は金色のゴールドカードを保持しています。

仏壇と仏具…そしてお客様とのコーディネイト
仏事コーディネーターとして仏壇と仏具、仏事のコーディネイトはもちろんのこと、我々、大黒屋仏壇店はお客様の生活環境や価値観など、お客様個々のニーズを把握した上でのアドバイスや商品のご提案を致しております。
大黒屋仏壇店はお客様にワンランク上の仏壇選びをして頂けますよう、全店にそれぞれ仏事コーディネーターを配置し、仏壇・仏事の地域特性を踏まえた上でのアドバイス、ご提案をすべく日々努力しております。
このページの上部へ

葬儀から弔明けまで

ご葬儀後から忌明けまでに揃えるもの
 ご葬儀を営まれて「四十九日」までは仮祭壇が故人様をご供養する場であり、また白木の位牌が故人様の仮のお姿であります。しかしそれらはあくまで「四十九日」までの仮のものなので「四十九日」までにお仏壇と本位牌をご用意されて「四十九日」をむかえられることをお勧めいたします。

・できれば「三 七日」くらいまでにお仏壇をご手配下さい。
・本位牌は字彫りに日数が必要ですのでできる限り「三 七日」までに手配下さい。 (本位牌はお寺様が作られる場合がありますので一度お寺様にご確認下さい。)
・お仏壇の手配が調ったらお寺様に「開眼供養」の依頼をします。

・お仏壇をお家に収めます。その後「四十九日」の法要までにお寺様にお仏壇の「開眼供養」の法要をして頂きます。

・「四十九日」の法要を営みます。
・四十九日が過ぎましたら白木の位牌はお寺様が持ち帰られ、仮祭壇とその他葬儀用品は葬儀屋さんにお願いして引き取って頂きます。

※「開眼供養」とは「仏壇開き」のことでお仏壇に魂を入れるお精入れをします。
※「四十九日」の法要を「五 七日(三十五日)」で行う場合もございますのでご注意下さい。

このページの上部へ

お盆について

お盆に揃えるもの
 お盆にはご先祖様が戻ってこられるといわれております。一部宗派を除き盆提灯を飾り、お精霊棚を設けて先祖の霊をおもてなします。また、せっかくの仏教行事ですので普段あまりお参りしない方でもお仏壇、お墓をきれいにお掃除してさしあげ手をあわせたいものです。


お盆のいわれ
 お盆とは正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ) 」といい、仏弟子の目蓮尊者が餓鬼道に墜ちた亡き母を救おうとして、その母に食物を与えたのですが救われず、お釈迦様の導き で衆僧を供養することにより初めて救われた(その日が7月15日)という故事から起こった行事です。
 「盂蘭盆」とは梵語で「倒れ懸け(供養が足りないため救われずあがいている者)」の意味です。「会」は供養、法会のことで、つまり亡くなった方々が倒れ懸けてい るのを供養し救うための行事なのです。

【盆提灯】
 お盆にはご先祖様方がこの世の自分の子孫の元へ帰ってくるといわれています。そのための目印となるものが盆提灯なのです。

【お精霊棚】
 精霊棚はお盆にご先祖様方の霊を迎えてもてなすために用意する棚で、位牌を並べてその前に精進料理のお膳や迎え団子、その他野菜や果物等を供えるものです。つまりご先祖の霊を丁重にもてなしお慰めして追善回向しようとするのが精霊棚のならわしです。
 マコモ(下に敷く敷物)、アサガラ(「なすの牛」・「きゅうりの馬」の足の部分) タイマツ、陶器の小皿(お供え物)、木皿(小皿の下に敷く)、などお精霊棚を作るための材料は大黒屋佛壇店各店にてご用意しております。


このページの上部へ

位牌について

位牌について

位牌の祀り方
 忌明けまでは「白木の位牌」で祀って下さい。その後は「本位牌」といい、塗り物や唐木製の位牌に戒名(本願寺系統では法名といいます)と俗名、亡くなった日にち、歳・年齢などを彫ったり書き入れたりしてお仏壇でおまつりします。また、宗派により位牌やそれにあたるものも違います。

【真宗大谷派(東本願寺)】
 本位牌は作りません。仏壇内左右両側面に法名軸をかけておまつりします。法名軸というものは法名をお手次の住職に書いて頂きそれを仏壇・仏具店にて表装をして作ります。先祖代々の法名がたくさんある場合は一軸を罫で区分して数多く記載できるようにした合幅法名軸を使います。また過去帳や地区によっては繰出し位牌(回出位牌)でも結構ですが正式には法名軸です。(関東地方などでは板位牌を使用するそうです。)

【浄土真宗本願寺派(西本願寺)】
 位牌は使わず過去帳に亡くなった方の法名・俗名・命日等を記します。そして見台の上に過去帳を置きおまつりします。

【その他の一般的宗派】
 (浄土宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、天台宗、真言宗、黄檗宗、等)塗り物や唐木製の板位牌に戒名、俗名、命日、年齢等を彫ったり書き入れたりしてお祀りします。仏壇内での置き場所はご本尊と同じ段は避けそれより一段下にお祀りします。また正面を避け右隅または左隅に置くのが一般的です。左右により位があり、向かって右が上座となります。

このページの上部へ

数珠について


数珠について
 正式には宗派により数珠のつくりや玉や房の形など違いがありますが、現在、一般の方の大部分が宗派に関係なく用いられる「略式念珠」をご使用になられてます。略式念珠の場合は玉の色や材質・房の色や形も特別気にされる必要ありませんが地方の風習により多少の違いがあるようです。
数珠の起源
 お数珠(珠数)は"念珠"ともいわれ、お釈迦様が「木の実をつないで連珠をつくり念仏を唱えて1つずつつまぐることで心を静め、煩いを除き、諸事正しき方へ向かう」と説かれたことにはじまるとされています。
お数珠はただ身につけるだけで精神力や潜在能力を高めてくれるとお経本に記されている大変意味深い法具で、法事や葬儀のときに持つのは故人の冥福を祈る心を増幅させるためといういわれからなのです。
数珠のいろいろ
 お数珠には各宗派の正式な形の念珠、一般的に広く使われている略式念珠、最近ではアクセサリー感覚で身に付けられている腕輪念珠、面白いところでは携帯ストラップなどまであります。
 特に腕輪念珠などは種類がいろいろありで、例えば水晶・メノウ・ヒスイといった貴石製のもの、黒檀・白檀・菩提樹などの木製のもの、羅漢彫り・骨彫りなどといった彫刻のされた変り種までさまざまです。
数珠の修理
 お数珠は真中に穴を開けた玉に糸を通して房をつけて作られています。特に貴石などでできていいるものは玉に開けてある穴の角で糸がすれてちぎれてしまうことがあります。そのような糸のつなぎ直しや古くなった房の交換などのご修理を承っております。ご利用くださいませ。
このページの上部へ

仏壇、仏具のお手入れ方法

仏具の飾り方について
お仏壇はお客様の丁寧なお世話により、はじめて20年も30年も美しいままでお参りいただけるものです。また、お仏壇をお世話することがご先祖様へのご供養となるのではないでしょうか。次の扱い方・掃除の仕方をご参考にこまめなおと手入れをなさって下さい。
お掃除をする時
お掃除はもちろん毎日か1週間に1回ぐらいされるのが一番です。しかし、なかなか時間のない方は気が付いたときにされるか、最低でも1年4回、正月・春彼岸・お盆・秋彼岸の各行事をお掃除をしてきれいなお仏壇で迎えましょう。

【手順1】
お仏壇のお掃除に取り掛かられる前に仏壇内に飾ってある仏具を出して下さい。しかし、ぶら下がっている仏具は電気配線等がしてありますので触らない方が無難です。また、お掛軸・お仏像も触られない方が無難です。あと欄干が外れるものははずしておくとよいでしょう。

【手順2】
お仏壇・お仏具をお掃除します。お掃除の仕方は下記をご参考下さい。

【手順3】
仏具を飾り付けます。


お仏壇のお手入れ方法
お仏具は基本的に柔らかい布でカラ拭きか固く絞って水拭でやさしく丁寧に掃除します。金属系のお仏具で『真鍮製の磨き』のものは色がくすんできましたら、金属磨き粉で磨いて下さい。但し、『金メッキ加工』がしてあるものは金メッキが剥げますので絶対に磨かないで下さい。また『色付加工』のものも色が剥げますので絶対に磨かないで下さい。金箔・金粉の施してある仏具は金箔・金粉部分に触れたり、拭き掃除しないようご注意下さい。
扉の開け閉め
お仏壇の扉を開けておくことはご先祖様がわれわれを見守っていただいているという意味でもありますので、扉は普段あまり開け閉めされないことをお勧めいたします。金仏壇のの場合、扉の開閉時に金箔を不意に触ってしまったり、傷付けてしまうおそれがあります。また、黒檀・紫檀の無垢材を使った唐木のお仏壇は扉だけでも結構な重量がありますので蝶番への負担を軽減させるためでもあります。
金箔・金粉部分お掃除の仕方
金箔・金粉の部分は拭き掃除できません。お客様で金箔部分を布拭きしてしまい金箔を剥がしてしまう方がよくいらしゃいますのでお気を付け下さい。毛バタキを使い、触れるか触れないか程度に風圧でホコリを払う感じでお掃除して下さい。また、蒔絵部分も同様にして下さい。
漆部分のお掃除の仕方
漆部分は柔らかい布か仏壇掃除用の布を使い、基本的にカラ拭きします。ホコリがひどい場合よく絞った濡れ布であらかじめホコリを落としてからカラ拭きします。漆部分をお掃除する際に金箔部分に布が触りますと金箔が剥がれる恐れがありますので充分ご注意下さい。
唐木部分のお掃除の仕方
他の部分と同じく、カラ拭きでお掃除します。仕上げに仏壇専用のツヤだしワックスを塗り磨きます。彫り物や障子組子等細かい部分は毛バタキを使い、軽くホコリを払い掃除します。
このページの上部へ

お仏壇の移動と処分

お仏壇の移動と処分
 大黒屋仏壇店では名古屋仏壇組合で定められた正当価格にてお引越し時の仏壇の移動や一時お預かりを承っております。引越し時に引越し屋さんが大切な仏壇を家具という感覚で扱って仏壇を壊してしまったり、狭い仏間に入れる事ができないということもありますので、仏壇のプロにお任せいただくことをお勧めいたします。また同じく組合価格にてお仏壇の廃棄処分も承っております。お気軽にご相談下さい。
仏壇移動・処分の組合価格
移動技術料
1時間(一名) \21,600円~
2時間(一名) \32,400円~
3時間(一名) \43,200円~
増員一名(1時間) \5,400円

※上記金額は車両と運転者1人分です。
※移動時間は出店から帰店までとなります。
※一般的な3尺仏間用のお仏壇で通常2名必要となります。

仏壇処分料
24号以上 \32,400円
その他 \21,600円

※お取引に伺う場合は別途代金がかかります。

仏壇預かり料(月額)
24号以上 \21,600円
その他 \16,200円
仏壇供養祭
 毎年3月27日に開催しております。  詳しくはこちら

※この価格は名古屋仏壇商協同組合にて定められた適正価格です。弊店が独自に定めた価格ではございません。
※仏壇預かりの場合、預かり期間中お客様に災害保険をお掛け頂くようお勧めしております。

このページの上部へ